数珠の選び方

数珠マニア

TOP > 数珠の選び方

数珠の選び方

数珠の選び方

先程もお話した通り、数珠にはいくつか種類があり、大きく分けると 本連と呼ばれる一重のもの、二連と呼ばれる二重にして用いるものがあります。
また、女性は小さい珠のものを、男性は大きい珠のものを用いるのが一般的です。
こういったいくつかの種類から どの数珠を使用するかは、宗教によって違います。
ただ参列する葬式が、自分の家の宗教や宗派と同じとは限りません。
あらかじめ宗派などが分かっている場合は良いのですが、分からないときには、略式数珠と呼ばれる数珠を持参するようにしましょう。
略式数珠とは、一重の輪で出来た数珠でどの宗派でも使用して良いとされています。
また、このように宗派を気にせず使える数珠にも輪が二輪になっている略式二輪数珠と呼ばれるものがあります。
これはニ連であるので 葬儀の席では一連の数珠よりはやや立派に見えます。
その家その家の宗派によって使う数珠が違ってきますので、これから結婚される方などは、略式数珠を一つ持っていると良いでしょう。
数珠はマナーとして基本的に貸したり借りたりするものではありませんから、数珠を一人一つは持つようにすると良いでしょう。
数珠の価格は珠の素材などによって異なり、ずいぶん種類があるものです。
分からない時は 身内の人や扱い店舗やお寺に相談されると良いでしょう。




TOP - 数珠の歴史 - 数珠の持ち方 - 数珠の種類 - 宗派の違い - 数珠の選び方 - サイトマップ