浄土真宗|宗派の違い

数珠マニア

TOP > 宗派の違い > 浄土真宗

宗派の違い

浄土真宗

浄土真宗では、称えた念仏の数にこだわらないため、念珠の珠を爪繰りません。
そのため珠の数に決まりはありません。形状にはこだわりませんが、合掌礼拝の際に用いる法具として大切にします。
浄土真宗の男性門徒用本式数珠は、片手念珠を用います。男性門徒は、本連念珠を用いらないのが一般的です。
片手念珠の房は、「紐房」に仕立てたものを用いるのが好ましいとされます。「小念珠」と呼ばれる僧侶用の略式念珠と同形のものです。
珠の数・材質に決まりは無く、輪の大きさ・主珠の大きさで決められます。
主珠が丸珠・みかん珠などの場合は、18~27珠の念珠が多く用いられます。平珠を用いた54珠の念珠も用いられます。
本願寺派(お西)の女性門徒は、片手念珠を用いるのが好ましいとされます。
本願寺派の場合は、女性も本連念珠を用いない事を勧められる場合が多いです。
本願寺派の女性門徒用片手念珠の房は、「切房」を用いるのが好ましいとされます。
また、耐久性に難のある切房に変わる「新松房」(頭無しの撚房)・「頭付撚房」でも構いません。
男性用と同様に珠の数・材質に決まりは無く、輪の大きさ・主珠の大きさで決められ、36珠前後のものが多く用いられます。

浄土真宗



TOP - 数珠の歴史 - 数珠の持ち方 - 数珠の種類 - 宗派の違い - 数珠の選び方 - サイトマップ