曹洞宗|宗派の違い

数珠マニア

TOP > 宗派の違い > 曹洞宗

宗派の違い

曹洞宗

曹洞宗用の本式数珠は、輪の部分に主珠108珠・親珠2珠・四天珠4珠を用います。
珠の配置は、
親玉1珠→主珠18珠→四天珠1珠→主珠18珠→四天珠1珠→主珠18珠→親珠1珠→主珠18珠→四天珠1珠→主珠18珠→四天珠1珠→主珠18珠
で一周して輪になります。
房の形は臨済宗と同様です。房は片方の親珠にのみ「ぼさ」とともに付きます。
房の付く方の親珠の方が、付かない親珠(向珠)より若干大きいです。
臨済宗の数珠に似ていますが、曹洞宗の数珠は「百八環金」と呼ばれる金属製の環が通してある事が特徴です。
高級な数珠には、銀製の「百八環金」を用いることもあります。

曹洞宗



TOP - 数珠の歴史 - 数珠の持ち方 - 数珠の種類 - 宗派の違い - 数珠の選び方 - サイトマップ