数珠の形 | 数珠の種類

数珠マニア

TOP > 数珠の種類 > 数珠の形

数珠の種類

数珠の形

略式の数珠は、珠の大きさによって、男性用数珠、女性用数珠、腕輪念珠(数珠)などの種類に分かれ、どの宗派の方でもお使いいただけます。
正式の数珠の形は宗派によって違いますが、一般に使われている108個の主玉(おもだま)と、2個の親玉(おやだま)をつなぎ、その親玉に弟子玉(でしだま)と露玉(つゆだま)と房をつけます。
主玉の間に、やや小さい玉を4個入れますが、これを四天玉と呼びます。この玉は、略式の数珠では2個なので、二天玉と呼びます。
真言宗で用いる数珠は、その形から振分数珠とも呼ばれ、真言宗以外でも用いるので八宗用とも言われます。
日蓮宗で用いる数珠は、真言宗が両方の親玉に二つずつの房があるのと違って、片方の親玉に三つの房があります。
浄土宗では、二つの輪違いのものに丸環がついている、輪違い数珠が多く用いられます。

数珠の形



TOP - 数珠の歴史 - 数珠の持ち方 - 数珠の種類 - 宗派の違い - 数珠の選び方 - サイトマップ