数珠の持ち方

数珠マニア

TOP > 数珠の持ち方

数珠の持ち方

数珠の用い方、使用の仕方というものについて、皆さんは、どれ位の正確な知識をお持ちですか?
今回はその数珠のマナーについてお話を進めていきたいと思います。

数珠の持ち方

葬式に参列するのに、数珠を持って行くことというのは、マナーとしてよく知られていますね。
数珠は、本連といわれる一重のもの、二連といわれる二重にして用いるものがあります。
男性は大きい珠の数珠を、女性は小さい珠の数珠を使うのが一般的です。
また、どの種類を使うかは、宗教によって異なります。
しかし参列する葬式が、自宅の宗教と同じとは言い切れませんよね。
予め宗派がわかっているときはいいのですが、わからないときには略式数珠を持参する様にしましょう。
略式数珠は、どの宗派でも使っていいもので、一重の輪で出来た数珠です。
同様に宗派を気にしない数珠に略式二輪数珠があります。
これは数珠の輪が二連になっていて、正式な数珠とおなじ数の珠があるでしょうから、立派に見えるという利点があります。
今後結婚される方などは、嫁ぎ先の宗派によっては、数珠を買いなおさなくてはいけないでしょうから、略式数珠を一つ持っていると良いでしょう。

マナーとして、数珠は貸したり借りたりするものではないです。
一人一人、自らの数珠は持つようにすると良いですね。
数珠は珠の素材などにより、価格も様々です。
わからない時は、店の人やお寺の方に相談されるといいでしょう。
葬式では、数珠を持つ場合や合掌する時の数珠の持ち方にもマナーがあります。
数珠を持つときは、左手首にかけるか、左手で持つようにします。
合掌する際はあわせた両手の親指と人差し指の間に数珠をかけて、拝むようにしましょう。

・ベンツエンブレムのことならIMCショップがおすすめ
 http://www.imcshop.com/benz/emblem.htm




TOP - 数珠の歴史 - 数珠の持ち方 - 数珠の種類 - 宗派の違い - 数珠の選び方 - サイトマップ